個人と法人向けの違い

レッカーサービスは個人向けと法人向けでどのような違いがあるのでしょうか。この点が疑問になっている人のため、法人向けの24時間レッカーサービスがどういったものなのか説明します。

法人向けのレッカーサービスやロードサービスと、個人向けのレッカーサービスやロードサービスの最大の違いは名義です。レッカーサービスやロードサービスを利用するにはまずはサービスを行なっているところに入会するというのが基本ですが、法人向けのサービスを利用するためには法人名か団体名で会員登録することになります。

車検証の所有者か使用者欄に法人の名称が書かれている車両番号を登録し、これが行なわれた車両限定で法人向けのレッカーサービスやロードサービスが提供される形になります。登録した法人が使用する車検証の所有者か使用者欄に登録した法人の名称が書かれている車両を追加する場合には、追加費用を支払うことによりサービスを受けることが可能です。

法人ということで個人に比べて高額なお金がかかるのではないかと思うかもしれませんが、大した違いはありません。代表的な法人向けレッカーサービスやロードサービスを扱っているところを例に出すと、入会には初年度2,000円のほか初期費用が4,000円、車両の追加には1台あたり2,000円、年会費1台あたり4,000円しかかかりません。また、登録台数の上限もありません。